« パパにとってのカルチャーショック! | トップページ | 転勤前のパパの悲劇~その2~ »

転勤前のパパの悲劇~その1~

パパの引越しまであと数日。

荷物の発送日や車を陸送に出す日取りも決まり、あとは荷物の梱包だけ。

パパのスケジュールとしては、9/3の送別会、9/4の人間ドックをこなして異動先へ・・・ってコトだったんだ。

でもね。穏やかに行かないのが人生ってモノなんだねcoldsweats01

それは9/2の夕食時に起こったんだ。

いつもの様に食欲バッチリで、「野菜炒めおかわり!」とパパ。

おかわりしたお皿を受け取った途端、お腹の痛みに襲われて七転八倒

Cocolog_oekaki_2009_09_04_23_49

いまだかつて経験したコトのない激痛に、パパの全身に脂汗と冷汗がダラダラ・・・・。

「大丈夫? どこが痛いの? お腹の右?左?」とママ。

「み・右・・・」と青色吐息のパパ。

「右?じゃ、盲腸かしら? そんなに痛いなら腹膜炎までいっちゃったかなぁ?」とママ。

「病院行く?」とママに聞かれ、「とりあえず様子をみてみる・・・・」と応えたパパ。

痛みが治まったかと思うとまたすぐに激痛に襲われ、30分経っても冷や汗がダラダラ状態。

痛みに加え吐き気まで催す状態になってしまい、「救急車、呼ぶね。」とママ。

119番通報して直ぐに救急隊が来てくれたんだよ。

家から5分の所に大きなY病院があるんだけど夜間救急は輪番制で、この日の当番病院は2駅先のC病院。

「一応ルールなのでC病院に連絡し、受け入れOKならそちらへ運びます。」と言われ、了承。

「ご近所に対して恥ずかしい~crying」と言うパパを乗せた救急車は、自宅を出発して14分でC病院に到着。

Cocolog_oekaki_2009_09_05_00_04

ママが受付をしている間にパパは処置室に運ばれ、点滴と採血と痛み止めの座薬を入れられたんだって。

腕は太いけど血管は細いパパ。

案の定、2~3回針刺しを失敗されていたよcoldsweats01

Cocolog_oekaki_2009_09_05_00_18

処置室で横になり安静にして、痛みが少し和らいだ所で造影CT検査

検査の結果、尿管結石と判明。

「このC病院は泌尿器科が無いので、明日泌尿器科を受診して下さい。どちらの病院を希望されますか?」と担当医の先生。

迷わず自宅近くのY病院を指定。

紹介状と撮影したフィルムのコピーを受け取り、帰宅。

うう~む。パパは無事に転勤出来るのかなぁ?

|

« パパにとってのカルチャーショック! | トップページ | 転勤前のパパの悲劇~その2~ »

アレンの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190888/46122760

この記事へのトラックバック一覧です: 転勤前のパパの悲劇~その1~:

« パパにとってのカルチャーショック! | トップページ | 転勤前のパパの悲劇~その2~ »